<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |


防水カメラが欲しい、と思いつつ1つも買っていない。

ま、私の場合、本格的に潜ってどうとかではなくて
雨の日の現場で撮れればいいし、
土砂降りの中で撮ったら、
見慣れた風景も違うかなとか
そういった程度。

そんな中途半端な動機なので
いまだに購入できずにいるのです。

今日、Amazonさんから届いたメールに
カカクヤスイ的な防水デジカメのご紹介が。

スペック的には不満ないし。
(広角側がちと足りないけど)
でも、ホワイトパープルという色はオッサン的にどうかと。

思って、もうひとつのカラー、「ブラックオレンジ」(なんかどっかの野球チームっぽい)を
選択してみると・・・



カカクヤスクない。

21,000円の差なので
これ1台で、ホワイトパープル3台購入して
まだおつりが。

むーん。
また、悩む私でした。
| Photo | 15:23 | comments(2) | - | pookmark |


ようやく復活したハードディスクから
こんな古めかしい写真が、出てきました。
これ銀座和光ですね。

いつ撮ったんだろ?

それからこれも。



なんか時代を感じさせる看板。
都民防火の日が毎月あるって知らなかったよ。



これは花やしきかな?多摩川園かな?
ともかく遊園地。



これが、たぶん戦時中、ドイツ軍が開発した2輪車。
なんかセグウェイっぽい。

だってセグウェイだもん。

「幕末古写真ジェネレーター」って結構面白いっすね。
http://labs.wanokoto.jp/olds
| Photo | 01:01 | comments(0) | - | pookmark |
「ねぇ昨日の野球、日本人対決観た?」

「うん、見たよ。楽天の田中 VS 西武の和田」

yaguchiです。


写真好きを公言しているせいか、
よく「デジカメ買うんだけど、何がいい?」とか
「Nikonの○○とCanonの○○どっちがお勧め?」とか
聞かれます。そんな時は良くない方を指差したりするので注意。
だってうらやましいんだもん。

いや、ぶっちゃけ新しいカメラにそんなに詳しいわけでもないんですよ。
私の撮る写真だって中途半端なものを
中途半端な気分で撮ってるだけですから。
「非実力派宣言」ね。

ところで、次回同じような質問をした方には
もれなくコレをお勧めします。
いや、買わせます。



何これ?
ってなんだか横長なカメラですね。
トイカメラかって?

名前は「Seitz 6x17 Digital」
詳しい方はもうお分かりかと思いますが
6x17のパノラマサイズのほかに
6×6、6×9、6×15の撮影が可能だそうです。
画素数は「1億6000万画素」。
え?必要ない?

レリーズは本体で出来るとしても、それ以外の設定や
操作はどうするのかというと、本体にPCを接続して行います。
モバイル版にはタブレットPCが付属してタッチパネルでカメラを動かします。
接続はギガビットイーサ。
6×17のデジタルパノラマでファイルサイズが950MB程度あるそうなので
転送も速くないといけないのですね。

ちなみに大きさは
幅: 465mm、高さ: 175mm、奥行: 95mm
4.5kg(カメラ3.7kg、バッテリー0.8k)
レンズは別ね。

手で(というよりは腕で)持つとこんな感じ。



コンパクトですね。

肝心のお値段はモバイルバージョン「ミニ」で
46300 CHF (29270 Euro)ですね。
安いね、たぶん。

ユーロを日本円に換算(1ユーロ=160.42円)すると
4,695,493円
安・・・。

今年の夏までには出るそうですので
予約はお早めに。
http://www.roundshot.ch/xml_1/internet/de/application/d438/d925/f934.cfm
| Photo | 20:35 | comments(12) | - | pookmark |

この時期になると色んな場所で
クリスマス・イルミネーションが始まって、
なかなか綺麗なものです。

「電気代の無駄」とおっしゃる方も
いるのでしょうが、まぁ一年に一度くらい
良いではないですか。

先週末くらいからぼちぼち、
そのイルミネーションの写真を撮り始めている私。
必ずといっていいほど「すみませーん、シャッター押してください」と
お願いされます。何故でしょう?シャッター好きに見えるのでしょうか?

私が大きめのカメラを担いでいる時は分かります。
写真好きの人が撮れば上手く撮れるだろうと。
それは間違い。私は「ハイ・チーズ写真」は苦手です。
それでも断りはしないのですが、正直苦です。
しかも最近はデジカメばかりで、
直ぐ結果確認されるので反応が気になって仕方ない。

昨日も20m近いツリーを真下から撮っていたところ
二十歳過ぎくらいのカップルが、小さいデジカメを片手に
声をかけてきました。はい、じゃ撮ります。
あまりにツリーに近い位置に立つので
「ツリーが入りませんよ」と申し上げても
台座の側から離れてくれません。

仕方がないので、私が少し離れたところから
そのまま撮ったら、彼氏さんの方が不服そう。
少しでもオーナメントが入るように工夫したつもりが
「人をもう少しアップで」とおっしゃる。
その通り撮ると、勿論ツリーは画面に入りません。
で、当然ご満足いただけず。
今度は「下から写して」と。
幸い、彼女さんがスカートでなかったから良かったですが
スーツで膝ついて撮るのはちょっと久しぶりでした。
今度頼む時はもうちょっと広角レンズ付きの
カメラ持ってきてくださいね。

さて、その後も何組かの撮影をした後、
開放されましたが自分の写真の出来はイマイチ。
集中できなかったというのは言い訳です。
でも次回はコワイお兄さん風のカッコして撮ろうかな、
と思う私です。
| Photo | 00:00 | comments(12) | trackbacks(0) | pookmark |